立即注册 登录
汉山 返回首页

胡扯八道的个人空间 http://s541722682.onlinehome.us/?59 [收藏] [复制] [分享] [RSS]

日志

有懂日語的嗎?翻譯一下吧,謝文東―抗日部隊から親日への転身 ...

热度 2已有 664 次阅读2015-9-6 09:34 |系统分类:原创博文 | 宽屏 请点击显示宽屏,再点击恢复窄屏 | 动漫全图 如只见部分动漫,请点击显示全图,再点击恢复窄图

0px 0.35em no-repeat rgb(230, 237, 200);">謝文東―抗日部隊から親日への転身

  「満洲国」でおきた土龍山事件を見ていくとき、単純に反日や親日で説明できない人物が出現する。彼の理念の中には反日であるか、親日であるかということより、もっと現実的な、ある種打算的ともいえる価値観で行動していたのではないかと感じる。その人物は謝文東という。

  謝文東は依蘭県の県城近く、土龍山村の有力者であった。謝文東を一躍有名にしたのは一九三四年三月の日本の満洲移民団に対する武装蜂起である。謝文東が総司令となり東北民衆救国軍が組織され、その勢力は一時期三〇〇〇人 にものぼったといわれる。

  その後、謝文東の部隊は四、五十人にまでになり、一九三五年三月に共産系の東北人民革命軍第三軍に連合した。その後部隊の改編らがあるが、抗日匪賊として活躍する。

  しかし、一九三九年に関東軍の帰順工作に応じて「更正し満州国に忠誠を尽くすに至った」 という。そして炭鉱の把頭となり、終戦時には東安省林口県の模範村の村長をしていた。戦後の国共内戦で、中国共産党から匪賊とみなさる。最期は桂木斯で市中引き回しの上さらし首に処せられた。それが一九四六年のことである。

  最初は謝文東の行動が不可解であったが、ある言葉を思い出してから頭の中の霧が晴れていった。謝文東は「馬賊」だったのではないかと思ったのである。

   「馬賊」という言葉はおそらくあまり適切ではない。しかし、とても便利な言葉である。ここでは「馬賊」の定義は渡辺龍策氏の文章を引用して次のように考える。

  本来の「馬賊」はたんなる賊ないし匪ではなかった。中央権力の不備と腐敗を要因として発生した民衆的自衛組織に根を下ろした武装集団だったのである。だが、この民衆自衛集団は、それ自体、前近代的なものであったがために、中国近代化の激流の中で徐々に、かつ当然に、歴史的変貌を遂げなければならなかった。

  「馬賊」も「匪賊」もいっしょにしてしまっては、馬賊というものが、少なくともその縄張り内においては、仁義をまもる任侠的存在として農民たちを保衛するという、日本の侠客仁義とかなりあい通じる馬賊道というべき一面をもつことを、無視してしまうことになりかねない。

  しかし残念ながら、謝文東を「馬賊」と形容する文献は見当たらなかった。謝文東の土龍山事件当時の肩書きは北満三江省依蘭県の保董である。また地主でもあった。

  保董とは保甲制度という郷村の自治組織の長である。保甲制度は古くは宋代にその基礎がつくられた。満洲は清朝末期から、政府の治安維持能力がほとんど及ばない地域だった。そのため住民は「警察にも軍隊にも頼らず、自ら武装して自分の身を守る」 ことを考えた。時には匪賊ではなく警察や軍隊が掠奪を行うこともあり、そのため自治組織が異常発達した。さらには「満州の農家ではほとんど一軒に一梃の銃を持っていた」 といい、それは自衛のためだけではなく、自らも匪賊に早変わりできるようにするためだったという。

  満洲馬賊(匪賊)を『満州国史各論』は七種に分けて解説している。その一つが「半農半賊(雑族)」で、「元来満洲では、自己防衛のため匪賊の来襲に対抗し武器弾薬を持っているものが多い。また保衛国のごときものもあって、そのときの環境次第で匪賊ともなり良民に帰ることもある」 と説明している。

  謝文東は、はじめ保董という一村落の自衛団のリーダーだった。ではなぜ日本の開拓移民に対し武装蜂起し、三〇〇〇人もの賛同者を得たのだろうか。

  土龍山事件の背景は主に三つあげられる。一つは日本人移民の開拓用地買収、二つ目は治安維持会による「武器回収」、最後は「種痘」である。

  一つ目の開拓用地買収に関しては一番多く言われている事であり、劉含発氏の論文 にも書かれている。土龍山事件が起きた頃はまだ日本人移民の初期段階で、依蘭県湖南営に第二次移民団が入植して一年経っていないところだった。第二次移民団の用地買収は既耕地を71.2%含み、極めて廉価だった。地価は事件前、「熟地、荒地ならして、一垧一元」だったのが、事件後は「熟地一五、六元、荒地一元五十銭くらい」に上がったという。

  二つ目の武器回収についは小林英夫氏が「日本の『満州』支配と抗日運動」という論文のなかでその重要性を説いている。つまり「武器回収」は用地買収と同等に「屯という集団の指導者・地主・富農の存在基盤の危機にかかわる問題」だったというのだ。

  『満州国史』によれば、満洲国政府は一九九三年暫行保甲法を公布した。暫行保甲法は「保甲制の組織と、連坐法の適用、自衛団組織の三つから組み立てられ(中略)警察の補助的役割を果たさしめた」という。自衛団組織は「一年以上その土地に居住する一八歳より四〇歳までの男子は、公務員、不具廃疾者を除き」全員が団員となった。

  この保甲制度の実施を強行したのが治安維持会である。治安維持会の最重要課題は「屯民からの武器の剥奪」 だった。また以前からある自衛団を治安維持会が改編する目的も有していたようである。 
三つ目の種痘と土龍山事件の関係について詳しく論じた文献は見つからなかった。ただ、種痘に対する疑惑は当時一般的なものだったようである。次は満州国政府のペスト対策に関する記述を引用したものである。

  衛生知識のない住民の間に、予防注射は日本人の謀略で、満洲人を根絶やすものであるとの流言が飛び、注射を忌避して逃亡したり、時には患者発生の際家を焼き払われるのを恐れ、患者を隠匿したりする事が多かったので、県民に対する啓蒙工作はなかなか骨の折れる事であった

  三者に於いて共通しているのは、異常に発達した自治組織のそれまで誰も介入してこなかった分野に、日本の軍や資本、満州政府が介入してきたことである。その介入が、自治組織を解体する諸要素を孕んでいた事に、敏感に反応した結果の武装蜂起だったのではないだろうか。

  この謝文東の武装蜂起の経過を一九三九年の帰順まで見ていこう。

  まず一九三四年三月はじめ、東北民衆救国軍を組織した。九日に土龍山警察署を襲撃し、警察官二〇名を武装解除させ、十日には応援部隊の第十師団歩兵第六三連隊を壊滅させた。このとき飯塚連隊長以下十七名を殺害し、その後の関東軍の追撃は弔い合戦の様相を帯びてくる。その後、依蘭県城と第一次及び第二次移民団の入植地を包囲した。さらに五月、宝清県城を襲撃した。同じ五月に入植地の包囲は解かれた。

  蜂起した当初の計画では「まず松花江岸の要衝依蘭を占拠して、順次松花江岸を制圧し、すすんで長駆北満の要衝ハルビンを衝かんとするものだった」 という。本当なら相当野心的な計画である。
東北民衆救国軍は蜂起してからちょうど一年後(一九三五年三月)には四、五〇人の部隊にまで縮小していた。この時期、趙尚志率いる東北人民革命軍第三軍と李華堂の部隊とで東北反日連合軍をつくることになった。東北人民革命軍第三軍は中共北満省委の指示を受ける軍隊であった。

  毛沢東の八・一宣言をうけて、一九三六年一月に東北抗日連合軍ができた。趙尚志が総司令、李華堂が副指令、謝文東は第八軍の軍長に就任した。しかし、同年六、七月ごろ改めて三路軍編成をとった。それにより第八軍は周保中率いる第二路軍に組み込まれた。

  東北抗日連合軍に謝文東を引き込んだのは趙尚志だったが、趙尚志と他の幹部との間に対立がおき、周保中とも対立した。一九三七年に趙尚志は自己批判を行い、一九三八年一月にソ連で逮捕され、一九三九年六月に「誤解」だったと釈放され満洲に帰国するが、そのときにはすべての職務が剥奪されており、やむなく再びソ連に戻った。

  謝文東と李華堂が関東軍に帰順したのは趙尚志がいなくなった後であるようだ。また当時の関東軍の帰順者に対する処置はかなり寛大になってきていた。たとえば一九三六年九月の北部東辺道大討伐においては「政治匪、共匪の別なく積極的に帰順工作を行い、帰順者の更正あるいは討伐要員としてこれを活用する方針をもって臨んだ」加えて「帰順者には新品の衣服を与え、彼らの希望に応じ、帰郷するものには旅費を与え、警察官その他に就職を斡旋し、生命の絶対安全を保障した」 という。

  謝文東も例に違わず、先に帰順していた赫という人物が帰順工作をした。謝文東は一九三九年三月三十一日に新京へ行き、植田軍司令官、張国務総理らに謝罪し「良民」になった事を立証したという。その後は密山炭鉱の把頭としてしばらくいた後、鶴崗炭鉱へ移った。謝文東の後に密山炭鉱の把頭になった王蔭武も帰順した「匪賊」で、帰順交渉のとき六つの条件を出したという。その六つの条件はおおよそ次のようなものだった。

① 密山炭鉱城子川採炭所に行く。
② 王蔭武を把頭にする。
③ 部下を四〇〇人連れて行く。
④ アヘンを支給する。
⑤ 賃金を月二回支給する。
⑥ アヘンや賃金は把頭が一括して労働者に手渡す。

  謝文東が提示した具体的な条件は不明だが王蔭武の条件と大差はないと思われる。
梁栄勝氏の鶴崗炭鉱に関する論文は鶴崗炭鉱の労働状況を強く批判している。また「鶴崗にくれば、閻魔大王にすぐあう。軽く皮を剥ぎ取られて、命がいくつあっても足りない」という意味の歌が伝わっていたという。そして謝文東の名こそ出てこないが、把頭制度を「以華治華」(華人が華人を管理する)策略で、炭鉱労働者を虐げ、奴隷化し、統治する道具だったと書いている。 
はじめに述べたように、謝文東は終戦後の国共内戦中は中国共産党の匪賊として名を馳せ、一九四六年末、処刑された。

  「満州国の良民」となった謝文東がどこまで親日になったのかよく分からない。しかし、前近代の地主でかつ保董であった謝文東にとって、共産主義は日本帝国主義よりも脅威に映ったのではないだろうか。少なくとも一九三九年の時点で謝文東と部下たちの安全や地位、思想を守るのは関東軍の帰順工作のほうであったことに間違いはないであろう。
  
  バリトン・ムーアは、英米の中産階級の民主主義、日独伊のファシズム、中ソの共産主義はどれも近代化の結果であるという。

  謝文東ははじめ日本の近代化に反抗し、同じ抗日を唱える共産党に共鳴した。しかし、やがて共産党がさらに強力に近代化を進め前近代的なものを消していく勢力と気づいたのではないだろうか。それが一九三九年の転身の原因と考える。またこの仮説が謝文東を馬賊と考えた所以である。


鲜花

真棒

玩闹

同情

看看

困惑

震惊

bad

发表评论 评论 (4 个评论)

回复 小龙鱼 2015-9-6 10:10
谷歌翻译,大概看个意思:
=====================

谢文东 - 天津从抗日军队亲

当我们在看每一个土龙山事件中的“满洲国”,只是出现一个人不能被反日亲日来解释。无论是反日是他的哲学,比如果它是亲日派,更现实,你会觉得,这可能是曾在其中可以称得上某些计算的值行动的事实。那个人的谢文东。

谢文东近肯祚Joran县,是土龙山的有影响力的人。的是成名谢文东是针对1934年3月日本的满洲移民团体的武装起义。 谢文东是组织东北人救世军成为总司令部,部队,据说已上升到一个点上三千人。

然后,谢文东的兵力为四,高达五十,是联盟一九35年东北人民革命军第三共产主义制度在三月军队。再有就是改革这些部队,但要积极为抗日掠夺者。

然而,一九三九,根据关东军在多年的工作效忠“康复并导致忠诚于满洲国”。并成为煤矿一堆头,在战争结束的时候一直是东野洲昭林口县示范村的市长。在战后Kokkyo内战,掠夺者和Minasaru从中国共产党。最后时刻他被判处Sarashikubi在公开市场率先葛斯。它是1946年。

首先是谢文东的行为是令人费解的,雾在我的脑海里,从记忆某些词阳光明媚。 谢文东这是思考或不是一个“Bazoku”。

单词“Bazoku”可能不是很合适。然而,这是非常有用的单词。在这里,参照“Bazoku”的定义渡边刘某,佐久的判决如下考虑。

原“Bazoku”不是一个单纯的土匪或邪恶的人。它是植根于生成的不足之处和中央机关等因素的腐败人民自卫组织的武装团体。但是,这种人自我防卫人口本身,为了却被前现代的,逐步的中国现代化建设的洪流中,并有当然的,除非发生了历史性的转变。

“Bazoku”也是“土匪”也结束了起来,那些Bazoku是,至少在其领土内,而安江农民任侠存在,以保护人类,日本武术Jingi十日成为对方带领Bazoku有一边说路,这可能是因为它会忽略。

不幸的是,我们无法找到描述为“Bazoku”的谢文东文献。周六龙山事件在谢文东称号的时间是北满三江部Joran县TamotsuTadashi。此外,还出现了房东。

该TamotsuTadashi是自治组织的乡镇村庄叫Hokabuto系统的长度。 Hokabuto系统是旧做出了宋​​代的基础。满洲从清末,几乎超出了政府的地区安全维护能力。因此,居民认为“不也是靠军队警察,武装自己为自己辩护。”有时也有警察和军队进行掠夺,而不是掠夺者,因此,自治组织具有发育异常。此外,可以说是“满洲农民不得不Ichiteko的枪几乎一房”,这不仅是为了自卫,是能够变成连自己掠夺者。

满洲Bazoku(掠夺者)“满洲国史资料”的评论分为七种类型。其中之一是“汉诺 - hanzoku(杂组)”,“在原满洲,那些拥有武器和弹药对掠夺者入侵的自卫在许多情况下,另外还有什么安江国家如德,说明,即使是一些“的东西去Ryomin也有一个掠夺者取决于当时的环境。

谢文东是村庄TamotsuTadashi之一的开始Selbstschutz领导者。那么,为什么对日本的定居者武装起义,我想获得一个三千人也倡导者。

土龙山事件的背景,主要提出了三个。一个是“收缴武器”开发征地日本移民,二是维持安全会议,最后一个是“预防接种”。

是,这是说,大多数关于培育征地第一位的,它被写入刘含発的纸张。在发生龙山案发周围土壤尚未日本移民的早期阶段,第二次移民代表团,这是一个地方,是不是一年后在Joran县湖南管理解决。征地二阶移民队伍包括现有耕地面积71.2%,是非常便宜。事发前,土地价格“成熟的土地,如果开荒,阿一垧1元”是意志,案发后一个“成熟的土地15,六元,多的荒地1元50仙”的迎上来。

附着在武器收缴的第二个有鼓吹之间的论文,小林秀雄先生“,”满洲国“的统治和抗日救亡运动在日本”的重要性。或者“收缴武器”人就是“参与了存在的基础领导人,地主,人口的富裕农民的危机屯问题”等同于土地征用。

据“满洲国史”,满清政府在1993年颁布的暂行Hokabuto法。暂行Hokabuto法“和Hokabuto-SEI,应用Renza法,从三个Selbstschutz组织(中略)组装的组织占起到警示的辅助作用”之称。 Selbstschutz组织“将近40岁的男性比十八岁居住在土地一年多的时间,除了公务员,残疾人残疾谁”都成了会员。

为了迫使该Hokabuto制度的实施是维护安全会议。维护安全会议的最重要的挑战是“屯人剥夺武器”。此外,它似乎是维护安全会议还打算从之前改革Selbstschutz那里。
欲了解更多信息,并讨论了有关文献接种和土龙山事件的第三之间的关系没有被发现。然而,指控接种的是司空见惯的时候。以下是引用那些伪满政府的瘟疫措施的说明。

没有医疗知识的居民之间,在预防注射日本人的情节,跳的是,缓解消除了满族人,你可以通过排斥注射逃跑的传闻,有时烧伤病人发生的Saiie被,因此,有许多是或隐瞒患者的恐惧,对于公民启蒙的工作是相当艰巨

而有共同在三方到现场,没有人还没有​​介入异常发达的自治组织,日本军方和资本,直到它,它是满清政府已经介入。它的干预,因为它是充满各种元素拆除自治组织,它不会是敏感的结果的武装起义。

这谢文东的武装起义的过程中,我们将着眼于1939年的效忠。

三·一1934年开始,组织了东北民众救国军。并且攻击了土龙山派出所突然间天,解除一个警察二十多人,十(10)天,破坏了第十师团步兵第63团欢呼部队。在这个时候,饭冢杀团长度以下的17人,追随后关东军前来与色彩的复仇战方面。在此之后,它是围绕定居点的Joran县城堡和一阶和二阶的移民群体。此外,在五月,我们被攻击宝庆肯祚。在5月相同的定居点围城已经解决。

在起义的原计划,“被占领的战略Joran的第一松花江岸边,先后征服了松花江岸边,是东西,并告诉战略角度哈尔滨长征北满洲和收益”的。这是如果折合雄心勃勃的计划的真相。
东北人救世军仅仅一年后,因为起义(1935年3月)为四,已减少到五十部队。这个时候,应该使部队领导的赵久的东北人民革命军第三军和RiHana-DO东北抗日联军。东北人民革命军第三军是接收中共北满省委员会的指令的军队。

为了响应毛泽东的八一个所声明的,可以在东北抗日联军部队在1936年1月。赵檐总指挥官,RiHana办副指令,谢文东被任命为第八军的军事长度。然而,同年六,前后花了七月举办再而三路军。由此,第八军第二路军率领的周保中纳入。

该缩回谢文东东北抗日联军这是尚志赵,是赵尚志等高管发生之间的冲突,这是不符合周保中。尚志赵于1937年进行了自我批评,一个在1​​938年一个月苏联被捕,但回到故乡一九三九年六个月的发布,这是一个“误会”满洲里有时候,所有的职务都被剥夺,强迫我又回到了苏联。

该谢文东和RiHana,做了效忠于关东军,似乎是经过了是赵久。在治疗的当时的效忠的关东军变得相当慷慨。例如,在1936年9月在北部Higashihen路大讨伐的“政治邪恶的人,让另一个没有积极效忠共匪的工作,我们开始与策略,以充分利用这一优势,更正或忠诚的惩罚性人才”此外,“鉴于对谁效忠新货的衣服,根据自己的意愿,给予路费那些归国向警方其他的调解工作,是保证生命的绝对安全”之称。

谢文东也没有在本例中的不同,一个叫赫,你必须效忠于早前有忠诚的工作。 谢文东去ShinMiyako到1939年3月31日,上田军事指挥官,道歉,张某总理等。这表明,现在是“Ryomin”。在那之后是一段时间的Mitsuyama煤矿一堆脑袋,被转移到鹤岗煤矿。王荫武成为Mitsuyama煤矿一堆头后谢文东还效忠于“掠夺者”,这是时发出六种情形的忠诚谈判。它的六个条件是大致如下。

①我去Mitsuyama煤矿四郎阁河煤矿采矿厂。
②这将是在一堆领导Okagebu。
③取四百余人的下属。
④它支付鸦片。
⑤工资是每月支付两倍。
⑥鸦片和工资一堆头交给工人集体。

这谢文东,提出具体的条件目前尚不清楚我怀疑,没有条件和Okagebu的有很大的差别。
纸梁启超熔盛重工鹤岗煤矿一直强烈批评鹤岗煤矿的工作条件。另外“如果吴喝岗,立即满足阎魔大王,光剥去皮肤,生活是不够的任意数量”的歌曲的意义已经传达这一点。而且不出来什么(来管理中国中国)谢文东,一群头系统“以华奇哈纳”的名称,在策略,压迫矿工,被奴役,我写它是一个工具来统治。
正如开头提到的,谢文东是著名的中国共产党Kokkyo掠夺者的战争结束之后,内战期间,在1946年年底,被执行死刑。

我不知道什么已经成为亲日到了谢文东,成为了“满洲国Ryomin。”然而,对于前现代的地主,是TamotsuTadashi 谢文东,共产主义将不会体现在除日本帝国主义的威胁。至少在1939年谢Bunhigashi和下属公司安全和状态的时间,以保护这个想法不要误会,因为它更关东军效忠工作。

男中音·摩尔,英国和美国,日本,德国和意大利法西斯主义,这对苏联的共产主义也是现代化的结果中产阶级民主。

谢文东开始反抗日本的现代化,是同情共产党投同抗日。但是,我不知道不是很快,共产党仍然强烈地注意到,将关闭那些现代化的推进之前的现代化部队。这是我认为天津的原因于1939年。也就是为什么这个假设被认为Bazoku的谢文东一个原因。

日期和时间:09月26日年2007年11:04 |固定链接
回复 小龙鱼 2015-9-6 10:13
日本人的意思是:与其说谢文东是抗日者,倒不如说他是一个亲日派。
回复 夺标 2015-9-6 10:49
谢文东本来是东北一名地主和保长。九一八以后,日本人搞移民开拓,欲侵占他家族的土地和财产,他就组织自己保区内的民众暴动,在伊兰。后来他拉起的队伍加入了抗联,整编为第八军,自己也入党了。他的家族为了抗日家破人亡。1939年,最残酷的时期,他的部队被打散,他本人和残部被包围,弹尽粮绝后被迫带着残存24名部下投降。他被溥仪特赦,但坚决拒绝在伪满政府做事,回家后羞愧难当,企图自杀。东北光复后他加入国民党,成为与中共武装对抗的土匪,即小说”林海雪原“里座山雕的上司,有血债。1946年被中共擒获,公审后被押赴刑场枪决。
回复 胡扯八道 2015-9-6 10:55
夺标: 谢文东本来是东北一名地主和保长。九一八以后,日本人搞移民开拓,欲侵占他家族的土地和财产,他就组织自己保区内的民众暴动,在伊兰。后来他拉起的队伍加入了抗 ...
哦,有血债。
谢谢翻译

facelist doodle 涂鸦板

您需要登录后才可以评论 登录 | 立即注册

Archiver|手机版|小黑屋|汉山网    

GMT-5, 2024-4-21 18:01 , Processed in 0.038242 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返回顶部